花粉症の治療にヨーグルト

毎年この時期になると花粉が舞い、アレルギー体質の人にとっては辛い時期です。
私も6年ほど前はひどい花粉症で、この時期の外出時はマスクとメガネが必需品でした。
もちろん耳鼻科に治療に通い、薬を飲み、目薬を差しあらゆる対策をしていたものです。
と、今まで自分の花粉症について過去形で書いていましたが、そうです。
今や過去の物となったのです。
花粉症は治療できない、完治しないと言われていますが、6年前は本当にひどい症状だったのに今では薬もマスクも必要ないのです。

http://hayfever.jp.net/

なぜ、症状がなくなったのでしょう。
それはおそらく毎日ヨーグルトを食べているせいだと思います。

私と同じように花粉症で苦しんでいた義姉が「ヨーグルトを毎日食べて治ったのよ!」と私より一足先に完治させていました。
その話を聞いた私は「そんな!ヨーグルト食べて治るほど私の症状は軽くないのよ。」と半ば怒りさえ感じていました。
「騙されたと思ってやってみて。」とたたみかける義姉の言葉を疑いつつも実行してみました。

プレーンのヨーグルト100gにはちみつを少し入れて毎朝食べるようにしました。
元々ヨーグルトが嫌いではなかったので毎日食べる事にそれ程苦痛もなく、飽きる事もありません。
こんな事であの辛い症状がなくなるなら楽な物だと、この時点でも信じていませんでした。

ところが、翌年の花粉の飛散時期になっても症状が出ません。
正直「え?なぜ?」って思いました。
1年ほどヨーグルトを食べるのが習慣になっていましたから、ヨーグルトを食べていた事と
花粉症が良くなった事が結びつかなかったのです。
でも、症状が出ないという事はヨーグルトの効果があったとしか考えられません。

こうして私の花粉症は治ったようです(まだ信じられない思いです)。
今年も花粉の季節がやってきましたが、症状はなく快適に過ごしております。

夫の浮気が事実なら、動かぬ証拠をしっかりと集めましょう

夫の様子が最近なんだかおかしいと、浮気を疑っている方はおられませんか。

今まで夫は携帯の着信音をオフにすることなどなかったのに近頃いつも気がつきにくいバイブになっているし、電話がかかってくるとすぐに別の部屋に行って小声で話をすることが多くなったような場合、浮気を疑ってしまいますよね。

夫が一人で車で出かけたときには、なるべく早く車内を丁寧にチェックしてみましょう。
夫のものではない長い髪の毛や、片方のピアス、見慣れないタバコの吸殻や聞きなれないCDなど、いつもと違うものをいろいろと見つけるようなことがあれば、夫がこっそりと浮気をしている可能性はかなり高くなってきます。

でもはっきりとした浮気の証拠が見つからないまま夫を一方的に責めるのは、あまり賢い方法とはいえません。
浮気がバレそうになっていると思えば夫は警戒して、さまざまな工夫をしてあなたに隠れて浮気をするようになってしまう可能性もあるからです。

浮気が事実であれば、いつどこで浮気をするのか自然とパターンができてくるものです。
だいだい決まった曜日の決まった時間だということがわかれば、プロの探偵に頼んで動かぬ浮気の証拠をつかんでもらうのもひとつの方法です。
浮気をしているしていないと泥沼になる前に浮気の証拠を夫に突きつけることができれば、夫との話し合いもあなたにとって有利に進めることができるようになります。

http://xn--u9jw23mf1fglbr03f.jp/

This entry was posted on 2014/02/18, in その他.

男性の家庭での位置を感じるデーターに唖然

テレビのアンケートを観て、何だか、家庭を持つ男性に、同情の気持ちを持ってしまいました。
父の日を覚えている子供は、母の日とは対照的に、79パーセントは、知らなかったり、忘れているとの結果で、プレゼントをする子供は23パーセントだそうです。
確かに、マスコミの報道も、父の日は、少し控えめかもしれませんが、母の存在と父の存在・・・父は、仕事で家にいる時間が少ない事や、母のように、ベラベラ口を動かすわけでもありませんから、おのずと、なんでも話しやすいのは、母の方でしょうから、どうしても、このような結果になるのかもしれませんが、何だか可哀想になりました。
引き続きあったアンケート結果にも、家庭を持つ男性に、益々、同情する事となりました。
一月の男性のおこずかい金額は、バブル時代は、平均、4~5万円でしたが、現在は、3~3.5万円との事でした。
一月22日間の勤務としてみると、一日、昼食代を含んで、アバウト1000円強生活という事ですから、少々、キツそうに思いました。
それでも、一生懸命頑張って働いてくれている父親、又は、御主人に、たまには、大きなサプライズを考案して、プレゼントしてあげて欲しいです。
男性は、本当に、純粋で、優しいのですから。

This entry was posted on 2014/06/14, in その他.