自己破産した人その後の生活とデメリット

債務整理と言っても、その方法は4種類あります。
任意整理、特定調停、民事再生、自己破産です。

特定調停は、個人で裁判所に行き、債権者と交渉し借金を減額するの方法です。
費用は安くなりますが、時間がかかりますし、自分で裁判所に行くため手間もかかります。
また債権者と交渉し賛成が得られなければ減額にはならないデメリットもあります。

民事再生は、裁判所から借金の返済が困難であると認められ、負債の減額をする債務整理の方法になります。
しかし、個人信用情報機関に名前が残りますので、5年から10年新たな借入やローンに制限を設けられます。
しかし、借金が0円になるわけではなく、決められた年数でしっかりと返済していかなければなりませんし、安定した収入があることが原則となっています。

自己破産は、手続きを進めていけば、借金を0にできる方法です。
でも、家や自家用車などの資産も手放さなければならなくなります。
本当に最後の方法となるものです。

どの方法にもメリットとデメリットがありますが、デメリットが最も少ないと考えられるのが任意整理です。
弁護士や司法書士に手続きを進めてもらうことになり、その費用は掛かりますが、3つの債務整理に比べるとデメリットは比較的小さくなるものです。

まず、任意整理は裁判所を通さずに弁護士や司法書士と債権者で交渉をしていきます。
利息分などをカットすることで、月々の返済額は減額されます。

一方で、自己破産とは違い負債が0円になるわけではないので、月々の支払いは残ってしまいます。
それでも、それまでの返済よりは減額される可能性が高くなりますので、支払いは楽になります。
また、裁判所を通すことがないので、家族や会社にもばれることなく手続きを進めることも可能です。

債務整理について4種類の方法を紹介しましたが、まずは、弁護士事務所などの無料相談でどの方法がベストなのかを調べてみる必要があります。
支払いで苦しんでいるのであれば、1日でも早い相談をお勧めします。

参考:自己破産後の生活はどうなる?自己破産した人その後の人生!

自己破産のデメリット

すべての借金をゼロにできるという自己破産は、究極の債務整理といわれるほど多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。

まず、すべての借金はゼロになるのですが、20万円以上の価値がある資産についてはすべて売却して債権者に配当する必要があります。

よく問題になるのは、自宅などの不動産、自家用車、ブランド品などです。
これらの中で、20万円以上の価格が付くようなものは処分されるデメリットがあります。

気をつけなければならないのは、生活が苦しいためにすでに売却しているものについても、自己破産を前提にして計画的に売却しているのではと疑われる可能性があることです。

つまり、本来であれば、売却して債権者に公平に分配する必要があるものを、特定の債権者に返済しているのではないかなどということです。
初めての自己破産の場合にはそこまで厳しく疑われることもないかもしれませんが、注意するに越したことはありません。

次に、保証人が付いている場合の借金があるケースです。
これが最も困る問題かもしれませんが、自己破産によって免責された債務は、自動的に消えてしまうわけではありません。

保証人が付いている借金については、その債務は自動的に保証人のものとなります。
債権者は保証人に対して一括返済などを要求することになります。
場合によっては、保証人も債務整理をすることとなります。

このように保証人に多大なる迷惑をかけるデメリットがあります。
保証人が付いている場合には、弁護士さんなどに相談のうえで、任意整理を選択するなどの対策を事前に充分に検討する必要があります。

自己破産後の生活はどうなる?

借金が多すぎて困っている、また借金が多すぎて返済ができない、という場合には、債務整理の一つとして、自己破産手続きを選ぶ方も少なくありません。
しかし、自己破産というと、なんとなく「最終手段である」というイメージもあり、その後の生活が大変なイメージもあります。
なるべくしたくない、という方も多いのではないでしょうか。

しかし、実は自己破産で債務整理することによって、借金がなくなります。
一から生活を立て直すことが可能となっているのです。

債務整理で自己破産をすると、まず、自宅、さらには貯金などを殆ど処分されてしまうデメリットがあります。
このため、まずは住居などを探す必要から始めなければいけません。

しかし、今まで多額の借金があった場合にも、これらの借金がすべてなくなりますので、また一から出直すことができるのです。
全財産がなくなってしまいますので、このあたりは、大変なことではありますが、場合によっては、借金がなくなりますので、新しくスタートを切ることができるのです。

さらに、就くことができる職業が限られるなど、さまざまな制限・デメリットを受けることになります。
しかし、人によっては、またも借金に手を出してしまうという方もいます。
このため、絶対に借金をしない、と決めることが必要なのです。

自己破産した人は借金できないデメリットがある!

自己破産の意外な落とし穴として最近になってだいぶ世間に認知されてきたことの中に、免責が決定してから10年間はローンが組めないというデメリットがあります。
これをデメリットと取るかどうかは、考え方によると思います。

そもそも自己破産に至るまでの経緯を考えてみれば、しっかりとした家計管理が出来ていれば借金返済に困ることもなかったわけです。
家計管理が出来ていない事で自己破産を申し立てるわけですよね。

法律によって免責という手段で救済されたとしても、それでは貸した側からしてみればあまりに理不尽です。
借りた債務者側にもそれなりにペナルティを与えようとする考えから生まれたのが、免責後10年間は新規で借入が出来ないというルールです。

一般的に貸金業者やクレジットカード会社は信用情報機関に加入しています。
新規で申し込んできたお客さんの個人情報を、これら信用情報機関へ照会をかける事で、自由に閲覧できます。

自己破産者を照会をすると、破産者情報有という返信が来るだけで、どこでいくら借入しているといった情報が一切わからなくなっています。
つまり貸出してはいけない顧客だというサインなのです。

従って免責後10年以内にどこかの貸金業者へローンの申し込みをしたとしても、ほぼ門前払い並の勢いで借入を断られます。
これが現実なのです。
そのため10年間は慎ましやかな生活を送る必要があります。