ドラゴンボールと全巻漫画買取の問題点

貴方はもし、持っている漫画が要らなくなったら、どうするだろうか。
私の祖父はかなり変わった人で、本だろうとマンガだろうと、不要になったらすぐに畑で燃やしてしまう。

できあがった灰を何に使うか私はさっぱり分からないのだが、燃やすのは単に、不要なものを手っ取り早く片づけるためかもしれない。

最近では不要になった漫画を、買取業者に買ってもらう事で小遣いが得られるようになった。
マンガを手放す側としては、古本がゴミになるよりはお金に変わった方が良いので、かなり助かっているはずだ。

しかし、漫画の買い取り、という事業には大きな問題がある。
それは、買取業者を通じて誰かが買った場合、その利益が一切、作品の著者に回らない事だ。

漫画家は趣味で描いているわけではない。
作品を誰かに買ってもらえたら常に利益が貰える、という状態でなければ、いつか描けなくなる。

悲しいかな最近の不景気のせいか、よほどどうしても新品で欲しいものではない限り、私たちは買取業者から買ってしまう。

それで私たちは少ない出費で欲しい作品が手に入り、幸せなのだが、著者はただただ不幸になるばかりなのだ。
一刻も早く、買い取り業者から著者へお金が回る法の仕組みを整備してもらいたいものです。

参考:ドラゴンボール 全巻買取価格の相場は?

ドラゴンボール超!全王がついに登場

ドラゴンボール超でついに全王という新キャラクターが登場しました。
さすがの破壊神2人も全王には焦ってしまっているので、どれだけ凄い人物なのかが分かります。

ですが、いるのは何となく分かるのですが、ここからドラゴンボール特有のあのパターンになってしまう可能性があります。
そのパターンは界王パターンで、界王様の上に大界王がおり、さらにその上に界王神がいます。

もしかすると全王もそのパターンで、全王の上に大全王がいて、その上に全王神いるという感じです。
ネットでもこれは騒がれていますが、このパターンだもなんかつまらない気がします。

現在のドラゴンボール超ではフリーザ以外に悪役が登場していない事もなり、完全に物足りない感じです。
フリーザもゴールデンフリーザを映画から持ってきただけだったので、これも面白いですが、もう少し欲しいです。

全王が来たという事は何か非常事態を警告するなど、全王を脅かしてしまう敵がいる展開を期待しています。
ビルスとシャンパの武闘大会は終わってしまったので、新たな話に切り替わる丁度良い機会だと思います。

しかし全王はやはり界王と同じで、見た目は戦闘タイプではありません。
原作漫画でも、最後は悟空が界王神を圧倒的に上回る強さになってしまったので、このパターンもあります。