大崎駅前のスタバはTSUTAYA併設でゆったりできておすすめ。

大崎駅の新西口を出たすぐのところにスターバックスがあるのですが、ここのスターバックスはTSUTAYAの店舗併設なので、なんとドリンクを飲みながら本や雑誌が読める空間です。
また、混んでいるのはOLさんたちのランチ時間などで平日なら他のTSUTAYA併設カフェより混んでなくておすすめです。
スタッフさんもブラックエプロンの人が多くて、フードも途切れることがないので、食べたいものを食べられる感じです。

メニューについてもスタッフさんがしっかり把握してくれているので、ドリップコーヒーのおかわりをカフェミストにしてもらうのもとてもスムーズ。
なんとお代わりに関しては、カフェミスト+ディカフェも可能とのことで、商品説明もしっかりしていて頼もしかったです。

フードも温めできますし、生クリームなどの追加トッピングも詳しくてカスタマイズも楽しめます。
混んではいますが、慣れたスタッフさんが多かったのでさっさと人をさばいていて居心地も抜群。

客層が都心で働く人達なので、落ち着いていて、BGMもゆったり聞きつつ過ごせます。
ソファー席もありますし、本を楽しむ人たちが多いので待ち合わせなんかにも十分使えるかなぁって場所で周囲にもおすすめしたい場所です。

埼玉県三芳町の食べ放題のお店、すたみな太郎によく行きます。

すたみな太郎は、我が家の子供が大好きです。
好き嫌いがある子供にとっては、とっても楽しく食事ができるので、よく行きます。

埼玉県で発行されているパパママカードや、JAFのカード、食事に行くともらえるスタンプカードなど、最初の会計時に見せると、お会計が割引になったり、ドリンクバーが無料になるサービスがあるので、お持ちの方はぜひ活用して下さい!
チェーン店なので、他にもお店がありますよね。
家族連れに大人気のお店で、土日祝日のごはん時には、たくさんのグループが待っています。

バイキング形式なので、子供も好きな物をたくさん食べられるし、大人もガッツリ食べられます。
メインの焼肉をはじめ、お寿司や麺類、サラダにお惣菜、デザートにはクレープやアイス、全部食べ放題!
子供じゃなくても、目移りしてしまいます。

でも、やはり最初はお肉ですよね。
子供はお肉を自分で焼いて食べられるのも、また楽しいようです。
自分で考えてアレンジして、オリジナルの料理にするのも楽しいですよ。

たくさんのお料理の中で、私が意外と好きなのは、お味噌汁なんです。
お腹がいっぱいになった後、〆としてお味噌汁を飲むんですが、すごく美味しくて、なんだかホッとできるんですよ。

またお味噌汁いただきたくなっちゃいました。
近いうちに、また行きたいな。

ラシーヌ ファーム トゥー パークでカフェランチがおすすめです。

東京都豊島区の池袋にあるカフェがいま人気を集めています。
その名は「ラシーヌ ファーム トゥー パーク(Racines FARM to PARK)」で南池袋公園の中にあります。

以前は薄暗いイメージのあった南池袋公園ですが、今ではすっかりと明るい開放的な公園になっています。
その公園の中にあるカフェですが芝生広場のちょうど前にあり、緑いっぱいに広がるロケーションになっています。
寒い時はさすがに店内をおすすめしますが、そうでなければ屋外の席もおすすめです。

このカフェに行ってまず驚くのは店の前にある炭火焼のロースターではないでしょうか。
ここでは店名物の一つであるローストチキンを焼いています。
その匂いに惹かれてローストチキンをメインに選ぶ人も少なくありません。

メニューは他にも平日・休日モーニングやランチ、ディナータイムなどにわかれてそれぞれカフェメニューが充実しています。
またメニューの他にもこのカフェでの見どころはおしゃれなインテリアの店内です。

二階にもある席は本棚が壁いっぱいに並び、デザイン違いの椅子やテーブルが並んでいます。
これらを眺めるだけでもこのカフェに行く価値はあるともいえます。

また本は販売もしており、気に入った本を見つけるのもこのカフェの楽しみの一つです。
このラシーヌ ファーム トゥー パークですが、特におすすめしたいのがランチです。
日差したっぷりの解放感ある席でカジュアルなランチをのんびりと食べるのは至福のひと時となるのではないでしょうか。

味もサービスも大満足の焼肉店、JR尼崎駅南側すぐの「明月館」。

決して安いとは言えないお店ですが、お料理の味、サービス、お店の方の接客のトータルで考えると、コストパフォーマンスは良いと言えるのじゃないでしょうか。
明月館というと焼肉の名店で知られており、味に間違いありません。

なかでも、ぜひぜひ食べていただきたいのは塩タンです。
味も分厚さも絶妙です。
一度ここの塩タンを食べてしまうと、今まで比較的リーズナブルな焼肉店で満足して食べていたタンが、物足りなくなってしまいます。

塩タンとならんで、行くと毎回注文するものが、上ミノです。
ホルモンの好きな方であれば、オススメです。
あまり得意でない方も、ここの上ミノは一度試していただきたいくらいです。

まず、「いつ飲み込めばいいのかわからない」というような事はありません。
適度な歯応えで、漬かっているタレも美味しいです。

そして、お肉のお皿に乗っている付け合わせのお野菜に心意気を感じます。
かぼちゃや白ネギ、なすび。
最初の頃は焼き野菜盛りも別で注文していましたが、お肉に乗っている野菜が多くて、注文しなくなったほどです。

いつも注文する梅酒ロックもなみなみ入って、氷はほどほど。
本当に良心的なお店だなぁと思います。

食後にはゆず茶を出してくださいますが、なんとお代わりができるようです。
子供には最初からサービスで出してくださり、「なくなったら言ってくださいね」とのこと。
サービス満点です。

よく利用するお店で、コスパで考えると悪くはなくてもやはりそんなにしょっちゅうは行けませんが、何かのお祝いごとに利用して家族で特別な時間を過ごしています。
そして、その期待を裏切らない、贅沢な気持ちをちゃんと味わえるお店だと思います。

無鉄砲木津川本店、風情のある思いやりのラーメン屋。

ユニクロのヒートテックが大活躍するこの寒い季節、お鍋やおでんなどを体が欲してくるのではないでしょうか。
そんな中で寒い外気を浴びながらちょっとした行列に身を置き、冷えた体をラーメンで温めるというのはいかがでしょう。

少し町はずれに位置する無鉄砲の本店は、混雑している日であれば30分~1時間ほど行列ができていますが、この行列がまたいい!
とても人気のあるお店では2時間以上待つなんてこともありますが、ここのお店は程よい行列、そしてストーブも設置してくれていますので冷え過ぎる…!なんてこともありません。
”ちょうどいい”が溢れているお店なんです。

しかしラーメンということもあり、味が気になるところ。
心配ありません。

濃厚でとろっとしているにもかかわらずそれほどしつこくない豚骨スープに柔らかくて大きいチャーシュー、しっかりとした九州の麺がラーメンに凝縮されていますので、ここで間違いナシ!スープにはコラーゲンがたっぷり含まれており、女性の方も多く並んでおられます。
麺の固さ、スープの濃さ、ねぎの多さなど事細かに個人の注文に応対してくれるため、自慢の秘伝のスープを提供しながらも個々の好みにあわせてくれます!

ですが、ここでネックなのが町はずれにあるため、最寄りの駅からは歩くと30分以上はかかってしまうと思われます。
店の隣に駐車場が設置されておりますのでそちらを利用することをオススメします。
木津ICを抜けておよそ10分前後にあります。

少し遠くにあるラーメン屋さんでちょっとした行列に身体を冷やし、美味しいラーメンを味わってみてはいかがでしょうか。
先の林道を抜けると田舎の風景が広がりますので帰りに星空を見に行くのもアリかもしれませんね。

日ノ出町から徒歩1分の博多ラーメンの美味しい「たつ屋」。

日ノ出町駅を出て右に真っすぐ1分歩いていくと、博多ラーメンのたつ屋があります。
赤い看板が目を引く店内に入ると、食券を買うシステムになっています。
中は、女性客や男性客一人でも入りやすく、落ち着いた雰囲気で食べられます。

私は、630円の博多ラーメンにしました。
硬さを選べるので、かためで注文します。
スープをいただくと、とろみがあり濃厚そうに見えますが、食べてみるとあっさりした私好みのとんこつ味です。

麺をいただくと、かためでちょうど良く、麺は好みの細麺で、スルスルと口の中に入っていきます。
チャーシューは大きめでやわらかく、くさみもなくていくらでも食べられそうな美味しさです。
私はきくらげが苦手なので、代わりにもう1枚チャーシューが入っていたらいいなと思いました。

辛子高菜が置いてあり、入れてみました。
私には少し辛かったかな。辛いのが得意ではない方は、たくさん入れずに、ちょっとずつ入れて調整した方が良さそうです。
スープも全部完食するほどの美味しさでした。

女性にはちょうど良い量ですが、少し物足りないと感じる男性には替え玉も200円でできます。
お値段を考えるとコスパがいいなと思いました。
とても満足したので再訪します。

大阪の元祖背脂豚骨しょうゆラーメン、河童ラーメン本舗。

今や日本のラーメンは世界中にファンがおり、ひとつの代表的な和食とも言える存在となっています。
ラーメンが飽きられず愛されている理由は、この日本という決して面積の広くない国の中でも、地域によって様々な味が楽しめるからではないかと思います。

近年は、豚骨ラーメンの人気が高くなっており、やはり思い浮かべる地域は博多でしょう。
しかし、大阪でも、知る人ぞ知る豚骨ラーメン店があります。
それが、「河童ラーメン本舗」です。

ランチでは替え玉無料、にんにくとゴマは常時入れ放題、キムチも食べ放題というサービスも、大阪人の心を掴み人気の一つとなっています。
また、ラーメンそのものも、麺から手打ちするなど、安全性にこだわりを持っています。
現在は大阪府内でのチェーン展開もしておりますが、各店舗丁寧な一杯の提供に全力を注いでいるようです。

実際に注文すると、麺の茹で加減、スープの熱さや濃さにこだわっていると思われ、出てくるまでには少し時間がかかります。
しかし、それを待つ時間がとても心地の良い時間になります。
サービスで出されるキムチを頬張って、たくさんのフィギュアなどで飾られた楽しい店内を眺めて待つばかりです。

大阪の中心街でも隠れ家のように位置するお店ですが、こだわりの一杯を堪能してみませんか?

人間の命は短いが、優れた芸術作品は作者が死んだ後も、長くその名声や評判を残す。