千駄ヶ谷Himalaya Curry(ヒマラヤカリー)のナンは絶品。

住所:渋谷区千駄ヶ谷3-3-3 エグゼクティブ原宿 B1
電話:03-3423-8455
店名:Himalaya Curry(ヒマラヤカリー)

なんなんだこのナンの美味しさは?!

お店は副都心線の北参道駅から原宿方面に2分ほど歩いた、明治通り沿いの右側にあります。
異国情緒たっぷりの「Himalaya Curry」の看板のところから地下に降り、左側に曲がり突き当たったところにお店があります。
もっとも多人数の場合はその手前左の元スナックのあった場所でも食べることができます。

また明治通りを挟んだ千駄ヶ谷寄りの向かい側にテイクアウト主体のお店がもう一軒あります(現在「Lukla Village」という名前に変わっていました)。
ネパール系のナンとカレーのお店は上野で何度か食べたことがあるので、ある程度承知していましたが、ここのナンは絶品です。

もちろん焼きたてで、お代わりも自由です。
とても大きく、てりがあり甘いのです。
それこそこれに、なんにもつけないで食べても美味しいです。

これに何種類かあるカレーの種類と辛さを選びます。
もちろんカレーも美味しいのですが、私は大体中辛で野菜入りのものを選びます。
飲み物は大体ラッシーかチャイを選び、これにサラダが付きでランチ時の価格は890円です。

私は本来あまり大食漢ではないのですが、ここにくると必ずナンの御代わりをします。
もちろんマルマル1枚ではなく半分でもOKです。
そしてどうしてもライスという方はライスでもOKです。

ただここで働いている方は全員ネパールから来られた方なので、日本語があまり上手くなく、接客も期待しない方がいいかと思います。
最近松戸駅のそばでも、この看板を見つけ入ってみましたがここも美味しかったです。

お店の方に伺うとやはり千駄ヶ谷のお店で働いていたとのことでした。
多分チェーンでこの系統が何軒かあるのかもしれません。
「Himalaya Curry」の看板を見かけたら、また立ち寄りたいと思います。

大阪でカレーといえばここ!大阪梅田の老舗カレー屋「インデアンカレー」。

大阪でカレー屋といえばまずここではないでしょうか?
メニューは「インデアンカレー」と「ハヤシライス」の二種類(他店舗ではパスタもあったかな?)となりますが、迷わずカレーを選びましょう。
カレーにピクルス(キャベツ)がついて750円です。

味は甘さのあとに辛さがくる、なんとも不思議な味のカレーです。
大体欧風カレーではどこも似たような味が多いですが、ここのカレーだけは別格です。
おそらく食べた事のない味のカレーだと思います。
一度食べたらあの甘辛さがやみつきになります。

カレーとの相性抜群のキャベツの「ピクルス」もこれまた美味。
僕はカレーと交互に食べますが、カレーにinする方もいらっしゃいます。
基本的には自由です。

そのままでも十分美味しいですが、個人的なオススメとしてはライス大盛りに、タマゴ、ピクルス大盛りがオススメです。
900円くらいだったかな?
通称大玉(ダイタマ)です。
通な頼み方は「大玉ピクルス大盛りで」です。

タマゴ(生タマゴ)を入れる事により少し辛さが軽減され味がマイルドになり、旨さ倍増です。
少々高い気もしますが、この美味しさであれば価格相応だと思います。

支払いは入店と同時に入口にて前払いです。その後空いてる席に座ります。
席はカウンターのみとなり、常に行列で回転数が高い為、食べたらすぐ出るのがマナーです。
接客は普通ですが、水の提供スピードはめちゃくちゃ早いです。
飲んだらすぐ入れて下さいます。

大阪に何店舗かありますが、行く頻度の高い、梅田の店舗を紹介させて頂きます。

店名:インデアンカレー 三番街店
住所:大阪府大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街
電話:06-6372-8813

岐阜駅前の居酒屋乱立地帯の中で食べる創作京都料理の店、「とろり」。

岐阜駅の北側、玉宮町周辺には居酒屋が数多くあります。
外食にかける費用が全国でも上位にランクインする岐阜市民、夜は平日でも人通りが多く賑やかです。
そんな玉宮町にある居酒屋のひとつ、店名:とろり、ここでは京風創作料理を食べることができます。

京風といってもお肉もちゃんとあります。
お肉は地元岐阜の飛騨牛が使われているのです。
京都を味わいつつ地元の岐阜の食材もしっかり使ってくれる、そんな地元愛も感じられるお店です。

コース料理と単品料理がありますが、京風創作料理を食べたいならコース料理をお勧めします。
会社や仲間同士の飲み会なら5,400円で飲み放題120分付きの”京風会席~三乗~”をお勧めです。
私は毎回このコースです。

このコースでは7品の料理が出てきますが、毎回1品は、変わった料理だねぇ。という感想が仲間内から出ます。
私が印象に残っているのは麦のスープに細かいクルミが入っている料理でした。
一見お粥のようでしたが胡椒でしょうかピリッとしたしっかりした味が付いていてクルミの食感もあってお酒にもぴったりでした。

変わった料理が多いのでついつい料理を運んできた方に色々聞いてしまうのですが、その場でわからなくても後から店長さんがしっかり答えに来てくれました。
料理の出てくるスピードもちょうど良く、掘りごたつの個室で楽しいひと時を味わえます。
堅苦しくない京会席を味わえる「とろり」は、住所:岐阜県岐阜市西玉宮町2-6、岐阜駅からでも名鉄岐阜駅からもすぐのところにあります。
予約は電話:050-5841-2193もしくはネットからでも可能です。

宮城県仙台市街中の「シーズン花蔵」でランチを食べた休日。

店名:シーズン花蔵(シーズンカグラ)
住所:宮城県仙台市青葉区中央2-11-26ホテルドーミーイン仙台アネックス1F
電話:022-224-6123

街中のシーズン花蔵に行ってきました。
外観は、暖簾がかかっているだけなので、一瞬見失いそうになります。

でも、一歩入ると小綺麗な和食店といった感じで、年配の方を連れて行くと、喜ばれるんじゃないかなぁと思いました。
2名がけのソファ席の個室に通されました。
またライトダウンされていて、落ち着きます。

乙姫玉手箱2100円を注文しました。
店員さんが持ってくると、三段の箪笥にお料理が入っていて、それぞれお造り、焼き物、煮物が入っていました。
お膳には、ご飯、お吸い物、茶碗蒸し、天ぷらがついて、食後にはデザートとコーヒーまで付きました。

ボリュームは、申し分ないくらい満足しました。
このお値段には、充分な量と質だと思います。

器やコーヒーカップも綺麗でした。
接客は、中年の女性が多く、レジに男性がいましたが、基本女性が接客していました。
中年の方が多かったので、慣れた手つきでやっていました。

フレンドリーな方で、気取らずにお料理のことなどお話しして下さいました。
いくつか個室があるみたいなので、人数に応じてまた行きたいなと思いました。

東京都渋谷区スペイン坂、オーガニック料理が充実の「ビオカフェ」。

東京都渋谷区スペイン坂にあるオーガニックカフェ、BiO Cafe。
渋谷駅から徒歩4分程の場所にあり、いつも気になっていたお店でした。
完全無農薬のオーガニック食材を使ったお店です。

平日の18時頃来店。
外観はキレイで、外国風な装い。
入ってみると意外と奥行きがなく狭い印象でした。

女性1人でいらしている方が多かったので、1人ご飯・ランチ向きのお店なのかと思います。
メニューは可愛い絵本のような形をしていて、素敵なお料理ばかり。
オーガニック食材を多く使っているので、聞いたことのない単語が多かったので、メニューに写真があるとより良いと思いました。

ドリンクはオーガニックワインも推しているようでした。
特においしかったお料理は「ラム肉の香草焼 抹茶ソース」です。

まったくお肉の臭みがなく、柔らかくてとてもおいしかったです。
全メニューにルッコラなどの野菜が添えてあり、余計な添加物等が一切入っていない安心なお料理ばかりでした。

男性には少し量が足りない気がしますが、お話をしながらゆっくり頂くご飯としてはぴったりなのではないかと思いました。
店員さんも制服が全部白で清潔感があったのと、お皿やテーブルに不要になった物を下げるタイミングが絶妙でした。
ランチメニューがかなり充実しているようで魅力的だったので、次回はランチ利用をしてみたいと思います。

店名:ビオ カフェ(BiO Cafe)
住所:東京都渋谷区宇田川町16-14 パティオビル1F
電話:03-5428-3322

三重県のオススメのラーメン店、「白熊ラーメン亀山本店」。

三重県のオススメのラーメン店、白熊ラーメン亀山本店を紹介します。
このお店の住所は、亀山市小下町です。お店の電話番号は、0595-82-0628です。
味噌味のラーメンが美味しいお店で、単品のラーメンメニュー以外に、平日のランチなどもあり、餃子や、唐揚げなどのセットメニューも楽しめるお店です。

オススメのメニューとして、みそラーメン(660円ほどだったと思います。)は、北海道産の赤味噌を使用しているそうで、スープに、味噌本来のコクと、旨みがしっかり感じられて、麺との味の絡みも良い、美味しいスープでした。

また、白熊ラーメン(660円ほどだったと思います。)は、長野県産の白味噌を使用したラーメンだそうで、味噌のまろやかな味わいが感じられる、美味しい一品でした。
その他に、オススメなのが、みそとんラーメン(710円ほどだったと思います。)というラーメンで、豚骨スープと赤味噌を使用したラーメンだそうで、濃いめの、味噌の風味と、豚骨のコクが感じられる、濃いめの味がクセになりそうな、美味しいラーメンでした。

その他、ランチは、夕方5時まで利用可能で、遅いランチにも利用できる点は、ありがたいと思います。
接客は、元気があり、気持ちの良いお店でした。

びっくりするほどホコリが取れる!レイコップRS-300。

たかが布団のためだけに専用の掃除機だって?
最初はそのコンセプトにびっくりしたのですが、これがびっくりするほど売れていると聞き試してみました。

実際に届いたレイコップRS-300の現物は、結構ズッシリとした重い印象です。
2.3kgだそうです。

これまではダイソンの掃除機に専用の布団用ノズルを付け替えて使っていましたが、まずその重さに、こりゃ失敗か?と一瞬思いました。
しかし、使ってみると全く印象が変わります。

まず、電源コードがめちゃくちゃ長いです。
普通の掃除機にアタッチを付けると掃除機本体をベッドのそばに持って行く必要がありますが、意外と邪魔です。

それが、レイコップRS-300だと本体だけだからすっきりです。
意外とこれはポイントが高いです。

ゴミは本体の上にあるゴミカップにためられる仕組みですが、これが透明になっていてゴミの様子が見られるようになっています。
これが、ちゃんとLEDランプがついていて、よく見えるように工夫されています。

一生懸命に布団にレイコップRS-300をかけていると、ドンドンゴミがたまっていく様子がリアルタイムで分かります。
これが掃除のモチベーションをぐぐっと上げてくれます。

本当にびっくりするほど細かいホコリが取れます。
説明書いわく、このホコリにダニの死骸が含まれているのだそうです。

他にも色々と類似のものがありますが、こういった細かいところに芸があって、リアルに結果が分かるから、売れているのだと思いました。
レイコップRS-300、満足度はかなり高いです。

人間の命は短いが、優れた芸術作品は作者が死んだ後も、長くその名声や評判を残す。