「グルメ」カテゴリーアーカイブ

炭焼ヱビス、高知県高知市にあるふと立ち寄りたくなる居酒屋

店名:炭焼ヱビス
住所:高知県高知市南久万54-2
電話:088-823-8870

高知県高知市にある、環状線沿いに店を構える炭焼ヱビスという店です。
店は、そんなに古くないのですが、いつも人気でいっぱいなので予約をして行くことをおすすめします。

炭焼ヱビス店内は、そんなに広くありません。
直ぐにいっぱいになる感じです。

炭火焼という店なので、焼肉店みたいな印象があるかと思いますが、炭焼ヱビスはそんな感じではありません。
創作居酒屋として、使うことができるので炭火焼だけではなくたくさんの料理を楽しむことができます。

やっぱり炭焼ヱビスの一番おすすめとしては、炭火焼の串お任せですね。
これはいろいろな炭火焼された部位があるので、堪能することができるのです。
もちろん炭火の香りがたまらなく食欲をそそります。

また魚としても、かんぱちの塩たたきも絶品です。
あっさりとしていて、野菜もたっぷりとのっているのでヘルシーに食べることができます。

これがあると、一度は注文をしたい逸品ですね。
カンパチの新鮮さと、たたきにした香り高い味は一度食べると、また食べたくなるそんな味なのです。

炭火の香りと一緒に、ますますいろいろなものが食べたくなりますね。
エビスという看板が出ているので直ぐにわかります。

GARB COSTA ORANGE、淡路島のオシャレイタリアンレストラン

淡路島の群家にある、オシャレなイタリアンレストラン、GARB COSTA ORNGE ガーブコスタオレンジは、淡路島の海を眺めながら食事ができるオシャレなイタリアンレストランです。
昼間はもちろん、夕日、夕日が映る海を眺めながら開放的なテラスで食事ができます。

GARB COSTA ORNGEは、家族や、友達、又はカップルでと人を選びません。

豊富なメニューがあり、淡路島の豊かで新鮮な食材をふんだんに使った、ピザやパスタ、デザートなど多くの種類があります。
ゆっくりカフェとしてくつろぐのもよし、レストランでお腹いっぱい食べるのもよし。

他にも、GARB COSTA ORNGEはBBQ利用や、結婚式の二次会などパーティなどにも対応しています。

金額もランチ利用なら1,500円程で十分食べられます。
BBQ利用なら、1人5,000円ほどでお肉や新鮮な野菜などがたくさん食べられます。

若くて可愛い店員さんがいるのも、GARB COSTA ORNGEの魅力です。
男の店員さんにメニューをみて注文してから色々聞いたり、変更などしましたが、その時の対応もとても良かったです。

テラス席ではペットも一緒に過ごすことができます。
ロケーションも最高、そして美味しいご飯に、気の知れた友人たちとご飯などいかがですか?

GARB COSTA ORNGEは、今流行りのインスタ映え間違いなしの最高の場所です。

店名:GARB COSTA ORNGE
住所:兵庫県淡路市群家1033-1
電話:0799-85-1000

創作料理 くつろぎ空間 まったり、愛知県江南市のおいしい居酒屋

店名:創作料理 くつろぎ空間 まったり
住所:愛知県江南市高屋町花戸8-1
電話:0587-56-0715

夜は居酒屋ですが、月曜日から土曜日の昼間はランチの営業もしています。
私は子連れで友人と、ランチを利用することがほとんどなので、ランチタイムの2つのメニューがオススメです。

①「まったり御前、まったりお昼のお膳8品」は1300円。
➁「創作御前、まったりお昼のお膳7品」は1200円。

どちらのメニューも、食前酢、前菜、メイン(①は2品、➁は1品選びます。)、本日の1品、茶わん蒸し、ごはん(十六穀米または白米)、汁物がついています。

前菜とメインは月ごとに料理が変わります。
見た目がとても豪華で、とてもおいしいです。

不足しがちな野菜をしっかりと摂取することができ、栄養バランスがとてもよいメニューなので、何回行っても飽きません。

量のわりに価格は安いのではないかと思います。
350円でドリンクとデザートをつけることができるので、それも魅力的です。

個室があり、子ども用のいすやスプーン、皿、フォークも用意してくれるので、子連れのママも気軽にランチを利用することができます。

まったり店員の接客態度もとてもよいです。
呼ぶとすぐに来てくれ、混雑時も料理の提供が早いです。

料理、価格、接客どれもとてもすばらしく、大変満足なので、一度行くとまた行きたいという気持ちになります。

ガドガド、秋田市にある雰囲気も抜群の本格エスニック料理!

店名:ガドガド
住所:秋田県秋田市千秋矢留町5-1
電話:050-5596-3543

ガドガドは、秋田にいながら本場の味を味わえるエスニック料理店です。
ランチ、ディナー、バーと、時間帯によって3形態の経営をしています。
生春巻きやタイカレー、ガパオライスやナシゴレンなどなど、ガドガドはエスニック料理がメニューにたくさん並んでいます。

ランチでは1,000円~1,500円程度。
ディナーでは2,000円~4,000程度かかるでしょうか。

ディナー帯ではテーブルチャージとしてひとり500円かかります。
お手頃に済ませたいなら断然ランチを狙っていくべきですね!

わたしはディナーでガドガドにお邪魔しました。
ドリンク注文を求められたため、ライチジュースをお願いしました。

料理は生春巻きとガパオライスを注文しました。
デザートも勧められ、注文。

断れない性格なので、本当におなか一杯になりました(笑)
チャージ料金も含めて、ひとり3,300円くらいでした。

ガドガド店主のママの接客が素晴らしく、エスニック初心者にもやさしく説明してくれました。
チャイナ服のような(無知なので名前がわかりません)民族衣装を着て接客されていて、とてもセクシーで美人なママでした。

ぜひ皆様、ガドガドに足をお運びください!

田舎家、大阪市北区にある扇町公園前の懐かしい雰囲気の食堂

店名:田舎家
住所:大阪府大阪市北区天神橋4丁目7-12
電話:06-6351-5739

田舎家は、一見普通の定食屋なんですが、親しみやすい雰囲気が漂っています。
それは、店名からも感じ取れますね。

田舎家の特徴は、なんといっても値段が安い。
一品料理などは、250円で食べられるものが多いです。

夜の10時まで営業していることもあり、遅い時間帯は居酒屋として利用する人も多いようです。
昼は焼き魚定食や野菜炒めと、だし巻きの定食が人気です。

田舎家のだし巻きですが、酒のあてとして注文する人も多いようですね。
だし巻きはなんと150円で食べることができます。
この値段で食べられるところは、ほとんどないのではないでしょうか。

ベーコン炒めやウインナー炒めなども、ビールによく合います。
それぞれ250円です。

他にもおでんや刺身など、田舎家は様々なメニューがリーズナブルな値段で提供されています。
田舎家で友人と飲んだりすることがありますが、会計時に安いなといつも言うぐらいです。

値段が安いわりには、味もそれなりにおいしい。
これは誰もが求めていることですよね。
まさに、庶民の味方というお店です。

お店もアットホームな感じなので、過ごしやすいです。
こういうお店を行きつけにしたいですね。

大吉、高知の老舗の居酒屋!リーズナブルな価格で美味しい料理がいっぱい!

店名:大吉
住所:高知県高知市帯屋町1-15ー13
電話:088ー825ー2632

高知市にある大吉という居酒屋は、知る人ぞ知る、とても美味しい居酒屋です。
大吉は老舗で、私が生まれた時からずっとあるので、びっくりするぐらい古い店です。

しかしそのように長く残っている店は、やっぱり秘密があります。
その秘密は、なんといっても美味しいということです。

大吉の店は、高知で一番大きな商店街の帯屋町というところの近くにあるので、買い物の途中でよることができます。
その店は、古い感じではなく昔の良さを感じることができる懐かしいつくりとなっています。

大吉の名物というと、なんといっても新鮮な刺身です。
高知の人は魚の新鮮さにうるさいのですが、その高知県人が納得する新鮮な魚を扱っている店としても人気があるんですね。

懐かしさに誘われて、昔から通っている常連さんもかなり多いです。
美味しいものがたくさんあることと、大吉名物料理もかなりあります。
美味しいのは、イカ団子やかつお餃子等、食べてみると納得できる美味しさです。

しかも居酒屋で本格的な料理を出してくれるにも関わらず、とてもリーズナブルな料金が魅力ですね。
働いている人も、おばちゃんが多く雰囲気がアットホームです。

横浜慶州苑、菊名駅すぐにある予約必須の焼肉店

店名:横浜慶州苑 菊名店
住所:〒222-0021 神奈川県横浜市港北区篠原北2丁目1-2
電話:045-402-1387

まず始めに、横浜慶州苑に行くなら予約をすることをお勧めします。
菊名のみならず、近隣駅の人達が集う場所なので、空いていないことも多々ありました。

横浜慶州苑は、お財布的には一人5000円を越えることもあり、安い焼肉屋に比べると少し経済的な負担は掛かるかもしれませんが、それだけのクオリティーを提供するお店です。

私のオススメはタン塩、ビビンバ、冷麺、ユッケです。
タン塩は他の店より大きめで、食べ応えがあります。

ビビンバも美味しいのですが、横浜慶州苑はコチュジャンが美味しいので、辛いのが平気な人は最初の一口を食べた後にスプーン3回くらいのコチュジャンを入れて食べると美味しさが倍増します(主観です)。
コチュジャン自体もそこまで辛くはないため、アクセント程度であれば辛いのが苦手な人でも十分食べれます。

横浜慶州苑は、激辛の肉もあったりするので、締めは必ず冷麺を食べます。
味も優しく(薄味ではありません)、スープが美味しいため一杯では少し物足りなさを感じるかも知れません。

ユッケは行くと必ず注文しますが、数量限定(瓶詰めの状態で提供される)のため、食べられないこともあります。
オススメの食べ方は焼肉のタレ、コチュジャンを少量追加すると肉本来の甘味が味わえます。

他にもニンニク焼き、激辛ホルモンなどもあり、横浜慶州苑のメニューは豊富です。