「グルメ」カテゴリーアーカイブ

ロッソ 豊中ロマンチック街道店、大阪府豊中市の大人気イタリアン

店名:ロッソ 豊中ロマンチック街道店
住所:大阪府豊中市桜の町6-18-30
電話:06-6850-8400

ロッソは、家族4人で夕食に伺いました。
事前に予約をしようと思ったのですが、予約の枠が全て埋まっていました。

そこで、一か八かディナータイムが始まる17時にロッソに行くと、運良く並ばずに入店できました。

場所は、豊中市のロマンチック街道沿いにあり、大人気のお店の為、何と第5駐車場まで用意されています。
ロッソ店内は、広々と開放感がありながらも、カジュアルで、リラックスできる雰囲気です。

今回頂いた料理は、ペアコースで、1人当たり2000円で、2人分のコース料理となります。
今回は4人で行ったので、ペアコースを2つオーダーしました。

ロッソの料理の内容は、サラダ、パスタ、ピザ、デザートに好きな飲み物が付いています。
そして、これらコース料理に加えて何よりも嬉しいのは、出来立てのパンが食べ放題という事です。

パンもクロワッサンやガーリックパンなど10種類程あり、全てが一口サイズにして貰っているので、沢山の種類が食べる事が出来て大満足です。

コース料理も、特にサーモンを使ったピザがチーズと生地との相性が良く凄く美味しいと思いました。
サービスも特に問題ありません。

あれだけのクオリティで、量もちょう良く、そしてパン食べ放題という内容から考えれば、凄くお得で人気が続く訳も理解できます。
レベルの高いロマンチック街道きっての人気店なので、ロッソは間違いなくおススメできる1店です。

かつ辰、交野市で美味しい豚カツを食べさせてくれるお店

京阪交野線、徒歩8分のところに、シンプルなデザインの和風建築で看板がちょっとユニークで目を引くお店、かつ辰があります。
周囲は、田園風景で、のどかな佇まいです。

かつ辰は、お肉が柔らかく、衣が自家製のパン粉を使用しているので、サクサクの食感で、しかも、ビッグサイズでボリューム満点の評判のいいお店です。

また、このお店の特徴は、自家製へのこだわりがあり、味噌汁の味噌や付け添えの漬物、タルタルソースに至るまで手作りのお店です。
油も体に優しい油、シリコン抜きのコーン油とキャノーラ油を配合したものを使用しています。

かつ辰おすすめのメニューは、特上リブロースかつ1,965円(税込)は、見た目にも豪華で、肉厚で、口に入れると、肉の甘みと衣のサクサク感が文句無しの美味しさで、自家製味噌汁、自家製漬け物、ご飯が付いてきます。

他のかつ辰おすすめは、エビヒレカツ定食1,674円(税込)で、柔らかいヒレ肉とプリプリのエビの2通りの違った味を同時に楽しめ、ジャンボエビフライ2本とヒレカツ2枚の組み合わせに自家製味噌汁、自家製漬け物とご飯が付きます。

いずれも、ご飯、味噌汁と豚カツに添えられているキャベツはおかわり自由になっています。
かつ辰の店員さんの対応も良く、家族連れでにぎわっているお店です。

店名:かつ辰
住所:大阪府交野市天野が原町5-67-3
電話:072-810-0330

渋谷駅直結、ヒカリエ内に入店している大人気ケーキ屋 ハーブス

再開発が進む渋谷は若者の街から、多世代で楽しめる街へと変化しています。
そんな渋谷駅から直結した複合ビル・ヒカリエに大人気ケーキ店のハーブスが入店しています。

店名:ハーブス
住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1渋谷ヒカリエシンクス
電話:03-6434-1678

若い女性の多い新宿ルミネ店やOLさんの多い丸ビル店は、ランチ時間を始めティータイムには長い行列ができるほどですが、渋谷店は4階の奥まった場所にあり知らない方がおおいのか、比較的すいているのが特徴です。

何度かハーブスを利用していますが、ディナータイムはすぐに入れることがほとんどです。

ハーブスといえば一般的よりも大きなケーキが特徴ですが、冷凍保存はせずいちから手作りし、新鮮さを追究するゆえ注文してから切り分けるほどのこだわりようです。

種類はチョコレートケーキやバナナクリームパイ、フルーツたっぷりでカラフルなミルクレープの定番商品から、四季折々の旬の味を楽しめる季節限定商品まで幅広いラインナップです。

ハーブスは、ケーキの他にもパスタやサンドイッチ、オムライスなどのお食事メニューもあり、人気はお食事メニューに通常サイズの半分にカットされたケーキがついている特別セットになっています。

長野県千曲市の本格中華料理店!大上海の特徴や魅力を紹介

店名:大上海
住所:長野県千曲市磯部944-2
電話:026-275-1027

大上海は、長野県千曲市の温泉街戸倉にある本格中華料理店の大上海です。
お店のオーナーシェフはホテル勤務から独立してお店を構えており、メニューもどことなくホテルの中華料理をほうふつとさせる高級中華をリーズナブルな価格で提供するお店です。

大上海おすすめ料理は、上海ヌードルです。
エビ、カニ、干し貝柱などの高級食材をふんだんに入れた中華スープに中華麺を入れた料理で、単にヌードルを楽しむというわけではなく、麺が入った豪華な中華スープという印象の料理です。

もちろん麺もしっかりした中華麺でこれ単品でもおいしいのですが、たくさんのエキスが出た中華スープの濃厚さを楽しめるのもおすすめです。

価格は上海ヌードルが1000円です。
内容を考えると破格の安さと言えます。

このほかの通常メニューではチャーシューチャーハンが750円、大上海オリジナル杏仁豆腐が300円です。
それ以外にも多数の一品料理や麺類、ご飯ものが楽しめます。

大上海の接客はご家族の方がされており、丁寧で親切な接客は気分よく食事を楽しめます。
お店の雰囲気は個人の家庭的な中華料理店ですが、出てくる質の高い料理とのギャップに驚かされます。

福島県郡山市長者、サーティワン モール・郡山店のレビュー

店名:サーティワン モール・郡山店
住所:〒963-8017 福島県郡山市長者1-1-56 ザ・モール郡山 1階フードコート
電話 : 024-939-4031

モール郡山の中にあるサーティワンは、フードコート内にあるので席もたくさんあってゆっくりと食べることが出来ます。

もちろん駐車場もモール郡山内にあるので、たくさんの台数が停められます。
立体駐車場もあるので、雨の日や雪の日など天候の悪い日にも便利です。

サーティワンでおすすめは、やっぱりアイスクリームです。
中でもおすすめなのがラムレーズンになります。

ラム風味のアイスクリームの中に、大きめのラムレーズンの粒がたくさん入っています。
たまに砕けたラムレーズンもあって、口の中でラムレーズンの風味が広がります。

甘さも甘すぎずに程よい感じで、とても美味しいです。
サイズはいろいろありますが、レギュラーサイズで380円になります。

サーティワンは、接客も注文を聞いてから丁寧にアイスクリームをカップに入れてくれて良いです。
スタッフの数はあまり多くありませんでしたが、待たされることもなくスムーズに買うことが出来ました。

サーティワンの近くに座るところが多いので、座ってゆっくり食べられるところも良いと思います。

週末は予約必須!芸能人も足を運ぶ板橋区大山にある炭焼工房朱雀門

東武東上線大山駅より徒歩約4分のところにある炭焼工房 朱雀門。
週末は予約必須な程の焼肉店で、お店の中に入ってみると壁には芸能人のサインが沢山あります。

そんな人気の焼き肉店炭焼工房 朱雀門のおすすめ料理は、”上タン”です。
店舗のHPにも”極上タンが楽しめるお店”と書いてありますが、本当に質のいいお肉で分厚いですが全く油っぽくなく何枚でも食べられます。

分厚すぎると中々噛み切れないこともありますが、決してそんなことはなく柔らかいお肉です。
お値段は2331円(税抜)と少し高めの設定ですが、お値段に負けないお肉になっています。

お食事をする上で大事な接客についてですが、朱雀門のホールは基本的に学生アルバイトさんが多くいるように見受けられます。

お肉の紹介やこまめにテーブルをチェックし、飲み物がなければnこちらから聞かなくても聞いてくれるので悪い接客と感じることはありません。

また、お肉を全て食べ終わった後にn冷たいお茶とおしぼり、ゼリーをサービスして下さいます。
沢山食べて胃もたれをしていたとしても、すっきりと帰ることだできます。

芸能人も通う板橋区大山にある炭焼工房 朱雀門。
朱雀門、ぜひ1度足を運んでみてはいかがでしょうか?

店名:炭焼工房 朱雀門
住所:東京都板橋区大山東町 52-11 サンローズ小林1F
電話:03-5375-1129

ソイ7、代々木八幡でふらりと立ち寄れる!コスパのいいタイ料理屋

店名:ソイ7(ソイナナ)
住所:東京都渋谷区上原1-3-7
電話:03-5454-1028

ソイ7は、気軽にリーズナブルなタイ料理が楽しめるお店です。
平日のランチは750円でサラダ・スープ・お茶付きと、このエリアではかなり格安です。

ディナータイムになると同じ料理がぐんと値段があがるというお店もありますが、ソイ7は夜でもリーズナブルな価格で楽しめます。コスパがよいですね。
お安い割に、あまり行列ができていることもなく、ふらりと立ち寄れます。

ソイ7は、外装も内装も木を活かした味のある感じです。
席は、2~4名席が中心に、カウンター席もあるので、おひとりさまでも気軽に入店できると思います。

ソイ7は奥まった半個室のスペースもあるので、家族連れや6~8人のときは、そこで落ち着いて過ごせます(半個室は予約したほうが良いと思います)。
さらに、道に面した2名用の席もあって、植物も植えられているので、天気がいいときはよい感じ(ただし、普通の道に面しているので通行人と目が会います)。

ソイ7おすすめメニューは、「マッサマンカレー」と、「鶏ひき肉のバジル炒め」と「カオマンガイ」。
ここでなきゃ食べられない感動の味!とか、すごく独創的というわけじゃなく、バランスの良い普段のご飯という感じです。

「パッキマオ(スパイシー焼きそば)」は、けっこう辛かったので、辛いものに弱い人はご注意(作る前に、辛さ控えめに、といえば対応してくれます)

長くやっているお店のようで、ソイ7の接客は、きめ細かな丁寧なサービスという感じではなく、ゆったりマイペース、ちょっと大雑把という感じです。

急に客が多増えてしまったり、明らかにスタッフの数が足りない日は、ばたばたしていて声が掛けづらいことも。
厨房の方は、タイの方でしょうか、外国人の方が多いようです。