「食堂」カテゴリーアーカイブ

新宿区歌舞伎町、やよい軒の大きなサイズのほっけが魅力的なメニュー

店名:やよい軒 新宿明治通り店
住所:東京都新宿区歌舞伎町2-2-20グランドメゾン歌舞伎町1F
電話:03-5291-5597

東京都の新宿にあるやよい軒では、定食が売りであり、その中には魚がメインとなっているものもいくつかあります。
そういった中で、魚のみに焦点を当てたのが、しまほっけ定食になります。

ほっけが定食のメインとなっているのですが、やよい軒のほっけのサイズがあまりにもでかいというのが特徴です。
こんな大きな魚もいるんだ?と思えるような状況であり、かなり食べ応えを感じられます。

照りがすごくて、脂も乗っているので、見るからに美味しそうです。
実際食べてみると、いい意味で予想通りの味でした。
脂が乗った味で、ほっけの香ばしさが特に感じやすいと言えるのです。

そして、大根おろしをつけて食べると味に変化が見られ、ちょっとした苦みがあるのですが、寿司に入っているワサビのような感覚で、こういった味も好みでした。

おかずとしてはほぼほっけのみであり、あとはご飯、味噌汁、付け合わせのレモンなどであり、シンプルな構成となっていますが、ほっけがかなり大きいので、十分にお腹は膨れると言えます。

しまほっけ定食は、やよい軒の中でも特におすすめで、魚を食べたいときには注文していくと良いでしょう。

田舎家、大阪市北区にある扇町公園前の懐かしい雰囲気の食堂

店名:田舎家
住所:大阪府大阪市北区天神橋4丁目7-12
電話:06-6351-5739

田舎家は、一見普通の定食屋なんですが、親しみやすい雰囲気が漂っています。
それは、店名からも感じ取れますね。

田舎家の特徴は、なんといっても値段が安い。
一品料理などは、250円で食べられるものが多いです。

夜の10時まで営業していることもあり、遅い時間帯は居酒屋として利用する人も多いようです。
昼は焼き魚定食や野菜炒めと、だし巻きの定食が人気です。

田舎家のだし巻きですが、酒のあてとして注文する人も多いようですね。
だし巻きはなんと150円で食べることができます。
この値段で食べられるところは、ほとんどないのではないでしょうか。

ベーコン炒めやウインナー炒めなども、ビールによく合います。
それぞれ250円です。

他にもおでんや刺身など、田舎家は様々なメニューがリーズナブルな値段で提供されています。
田舎家で友人と飲んだりすることがありますが、会計時に安いなといつも言うぐらいです。

値段が安いわりには、味もそれなりにおいしい。
これは誰もが求めていることですよね。
まさに、庶民の味方というお店です。

お店もアットホームな感じなので、過ごしやすいです。
こういうお店を行きつけにしたいですね。

北海道江別市の食事処アカギ、開店50年愛され続ける秘訣

店名:食事処アカギ
住所:北海道江別市高砂町13-1
電話:011-383-3905

江別市役所横、国道沿いにある「食事処アカギ」は、開店50年、連日多くの人が訪れている老舗である。
私が高校のときに開店して、その時からのお付き合いである。

食事処アカギの開店当時は、レストランアカギとなっていました。
名前の通り洋食系の物が多かったのですが、15年ほど前にラーメンをメニューに取り入れてから、食事処に変わったのです。
今では珍しくなった、出前も行っています、

食事処アカギのメニューも当時からのものもあり、新しいのがラーメンですが、ラーメンはセット物が多く、働く人たちのためにはお腹いっぱいになるものが多いのです。
私も年を取って来たので、ご飯を少し減らしてもらうようになりました。

昔には考えられないことですが、それだけ年月が経つのですね。
しばらく行かないと無性に食べたくなるのが、食事処アカギの料理なのです。

いつ行っても知っている人がいるような、皆に愛されている所なのです。
その秘訣は、夫婦が醸し出す雰囲気の良さと、いつも安心して食べられる、何時もの味なのです。

地元を離れて、帰郷した人も、食事処アカギの料理を食べて、地元に帰って来たことを実感するそんなお店があることはよいことですね。
何時までも長く続けて行ってもらいたいですが、お互い年になって来たので、体に気負つけて、頑張ってください。
私の行く食堂が無くなってしまいます。

スカイツリーの御膝元、墨田区にある定食屋「いこい食堂」

いこい食堂は下町のシンボル、東京スカイツリーのおひざ元にある庶民的な定食屋さんです。
メニュー数も豊富でアジフライ定食やカツ丼など、一般的な定食屋さんにあるような物ならだいたいあります。

いこい食堂で私がお勧めしたいのは、豚キムチ定食ですね。
本当に庶民的で素朴な味で、家で作る味に非常に似ていました。
余計な物も入っていないので、シンプルに美味しく頂くことができますね。

値段も700円で冷奴やお新香などの小鉢も付いてきます。
これでも物足りないという方であっても、一品料理の数も多いので安心できるかと思います。

また、いこい食堂は500円ランチの数が豊富なのも、お財布に優しいお店ですね。
これなら毎日来るお客さんでもワンコインで日替わりにメニューを楽しむことができます。

いこい食堂の店内はお世辞にも広いとは言えないけれど、どこか安心感のある雰囲気です。
ザ・昭和の定食屋といったところでしょうか。
お昼時になると狭い店内はサラリーマンで一杯になります。

接客もどこか庶民的といいますか、いこい食堂は地元のおばちゃんといった感じで堅苦しくなく安心できます。
先進的なスカイツリーの間近にこのような古き良き定食屋があるのは嬉しいですね。

店名:いこい食堂
住所:東京都墨田区業平4-15-11
電話:03-3623-0259

長野県木曽福島、木曽川沿いの定食屋はやし食堂。

店名:はやし食堂
住所:長野県木曽郡木曽福島5682
電話:0264222886

はやし食堂は、うまい、安い、多い、あったかい、そんな、寒い木曽川沿いの雪多い町の定食やさん。
国道19号を木曽町にはいると、木曽福島町役場など小さな市街地は木曽川へ下る小さな木曽谷。

ややわかりにくいので、代官屋敷跡あたりでだれかに聞くか電話なさるとよいし、代官屋敷近くには駐車場があり、徒歩ですぐ。

はやし食堂の暖簾をくぐると、大抵、野球中継がテレビに。
定食メニューは豊富で、宿場町ならではの料亭並みな味。

小鉢のバラエティも毎日たべても飽きない工夫。
夜は居酒屋並みな一品メニューにアルコールも。

木曽福島の雪は深く、なんにもない19号に、ポツンと存在する街明かりが木曽福島。
夏は木曽御岳登山に、冬はスキーに、また、通年温泉地として揺るぎない人気な街ですが、あまり混まない穴場。

なかでも、はやし食堂は、小さいながら地元に欠かせない食事処。
はやし食堂の店主は無口で仕事がはやく、女将さんは、返答上手。

遠方からきてくたびれたお客様には、さりげなくなにかと隠れサービスが!
木曽御岳山から20kmはなれた木曽町は、噴火の影響もなく、小さいながら生活に必要なスーパー、家電、学校に病院、なんでもそろうツワモノな町。

ちなみに20kmといえば、噴火しきりな桜島と、鹿児島市と同じ距離。
安全圏です。

花畑食堂、福岡市南区でお腹いっぱい食べるなら!

店名:花畑食堂(まいどおおきに食堂)
住所:福岡県福岡市南区花畑1-12-10
電話:092-541-8717

まいどおおきに食堂の系列になります。
他の店舗も何か所か行く事があるのですが、一番のオススメはコチラの花畑食堂です。

花畑食堂は自分でズラーっと並んでいるおかずをトレイにのせていき、最後にレジでご飯やお味噌汁などを注文してから支払いをするスタイルです。
沢山のおかずに目移りしてついつい取りすぎてしまうのが注意です 笑

花畑食堂のオススメは卵焼きです。
「甘めで」等、注文すると甘い卵焼きを作ってもらえますよ。

フワフワでとっても美味しいです。
結構大きいです。

他には鶏肉とジャガイモの甘辛です。
これは食べなかったことが無いくらい大好物です。

ご飯は白米だけでなく雑穀米などもあり、大・中・小で指定できます。
コチラのオカズやご飯は持ち帰る事も出来ますので持ち帰りたい時は、支払いをした後にパックに詰めます。
持ち帰り用にパックとビニールを置いてありますよ。

私はたまにオカズだけ花畑食堂に買いに行く事があります。
お店の方の接客も問題なく、いつも元気に挨拶して下さいます。
花畑食堂は、おかずを選べるので自分で調整出来ますから昼食にも夕食にも問題ないと思います。

品川シーズンテラスのオフィスビルのお洒落な「鹿屋アスリート食堂」。

鹿屋アスリート食堂は、株式会社バルニバービ、国立大学法人 鹿屋体育大学、鹿児島県鹿屋市、の3つの組織からなる産学官連携プロジェクトです。
食材の宝庫と評される鹿屋の良質な食材を使い鹿屋体育大学長島講師監修の「スポーツ栄養学」に基づいたメニューにより、これまでになかったバランス食を提供する鹿屋レストランの東京1 号店です。
「一汁一飯三主菜」のバランス定食がメインメニューでたくさんのおかずの組合せがどれも美味しそうで、下調べの時点で何にしようかとても迷いました。

到着してみるとお洒落なビルにしっかり馴染んだお洒落なお店で、鹿屋アスリート食堂の名前のイメージで勝手に想像していたお店と違いました。
セルフでオーダーを選び、自身の健康志向や目的に応じて自由に組み合わせることができます。
子どもがスポーツをやっていて毎日栄養バランスを考えるのがいきずまっていたので、鹿屋アスリート食堂は新鮮でした。
栄養に対して詳しくなくても栄養バランスが取れるよう、メニュー表示に工夫されています。

鹿屋アスリート食堂は、ヘルシーにも食べられますが、食べたい人はガッツリも食べられ、主人はご飯おかわり自由サービスでおかわりをしていました。
レシートに摂取量カロリーが載ってますので自分がどのくらいカロリーをとったのかわかるのです。
とっても美味しくて健康的!また行きたいです。

店名:鹿屋アスリート食堂 品川シーズンテラス店
住所:東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス1F
電話:03-5715-4505