「ラーメン」カテゴリーアーカイブ

あんくるてい、杉並区下井草にあるプリプリのワンタンメンが美味しいラーメン店

店名:あんくるてい
住所:東京都杉並区下井草5-22-17
電話:03-6913-6770

あんくるていは、西武新宿線井荻駅南口から徒歩3分、駅を降りてから商店街をまっすぐなのですぐに見つけられると思います。
ご亭主は同じ杉並の浜田山で40年以上の実績を持つ老舗のたんたん亭のご出身です。

あんくるてい人気メニューはなんといってもワンタンメン。
上品で透き通った味のスープと、それに良く合う麺からなる、しなそば。

そこにのるワンタンは肉ワンタンとエビワンタンの2種類です。
メニューによっては肉ワンタンのみとエビワンタンのみが選べますが、あんくるていオススメは両方入ったニコニコそばですね。

メンマとネギは別盛で入れ放題ですので、自分好みの味に仕上げられます。
ワンタンはかなり大ぶりで、プリップリです。
一口食べると、口のなかにジューシーな旨みがジワーーっと広がります。

あんくるていは、ワンタンもさることながら、しなそばもまた絶品。
枕崎鰹節や利尻昆布などの厳選された魚介類と動物系を合わせたダブルの清湯スープで、あっさり上品なお味です。

そこに合わさるつるつるしこしことした麺も歯ごたえ、のど越しともに抜群です。
ワンタンメンのお供として、焼きワンタンも試して欲しいのですが、焼きワンタンもなかなか大きく量が多いのでご注意を。

万が一食べ残しても、焼きワンタンは持ち帰りをさせてくれますが、やはりお店で熱々を食べた方が美味しいですからね。

本格豚骨らーめんめじゃー、川口市芝下にあるパチンコ屋併設の激安ラーメン店

店名:本格豚骨らーめんめじゃー
住所:埼玉県川口市芝下1丁目10−5
電話:048-269-4033

本格豚骨らーめんめじゃーは、ミューというパチンコ屋さんに併設されているラーメン屋さんです。
通りに入ったところなので、私も最近までここにラーメン屋さんがあるなんて知りませんでした。

本格豚骨らーめんめじゃーは、それぐらい解らないような立地ですね。
マニアックな人が知っている感じです。
パチンコをやりながらここで昼食をとるとかの人用なのかもしれません。

本格豚骨らーめんめじゃー店内入ってびっくりするのが、ラーメンの価格です。
一番安いラーメンは550円。
今時550円は結構安い方だと思います。

今回は味噌ラーメンを注文。
具材はネギ、チャーシュー、シナチク、もやし、卵、値段の割に具材はしっかりしています。
やや黄色の味噌にちぢれ麺がよく合います。

ごはんも注文しましたが味噌とよく合いましたが、ご飯が冷たかった。
保温がもう少し行き届いていればいいお店なのに。

本格豚骨らーめんめじゃー店内も明るく清潔に保たれています。
テレビがついているので待ち時間も苦になりません。

どうもパチンコ屋さん独特のトークがお客さんと店主の間で交わされます。
本格豚骨らーめんめじゃーはかなり変わったラーメン屋さんで隠れた名店かもしれません。

とんこつでもあっさりしているので女性でもおいしく頂けます。

中目黒で背油とんこつ醤油ラーメンを食べるなら野方ホープ中目黒店

お洒落タウン中目黒の街中にある、背油こってり系ラーメン屋さんです。
野方ホープは都内で数店舗を展開しており、こちらの中目黒店は比較的新しくできたお店です。

野方ホープお勧めメニューは基本メニューの「のがほ 元(はじめ)」850円です。
とんこつ醤油をベースにしているのですが、そこまでこってりしている印象はなく、あっさりしているとさえ感じました。
このバランス加減がまた絶妙で、最後までスープを飲めてしまう美味しさがあります。

こってり具合も自由に選べるので、とんこつ醤油系が苦手な人でも受け入れられるのではないでしょうか。
油なしを選べば、かなりあっさり系へカスタマイズする事も可能です。

麺の量もそこまで多くないので、女性の方でも食べられるかと思います。
また、もう少しボリュームが欲しい方にも、1080円の全部乗せがあるのでお勧めです。

野方ホープ店内も中目黒らしくお洒落で落ち着いた雰囲気なので、とても居心地がいいです。
注文してからラーメンが運ばれてくるまでの時間も短く、トータル的に大満足でした。

いたって背油とんこつ醤油ラーメンの王道ですが、野方ホープはお客さんの好みの仕様に変更できる点も高評価できるポイントです。

店名:野方ホープ 中目黒店
住所:東京都目黒区上目黒3-8-3 千陽中目黒ビル アネックス 1F
電話:03-6303-3355

浅月 泉田店、岡山市泉田にある昔ながらのラーメンが自慢の店

店名:浅月 泉田店
住所:岡山県岡山市南区泉田324-10
電話:086-243-1128

浅月 泉田店は岡山市泉田にあるラーメン店です。

店内は4人ほどで切り盛りしており、昔ながらの伝統がある店などという事もあり、切り盛りしてるのは年輩の方が多い印象を受けます。
そして、浅月の店内の客も若い人よりは年輩の男性客が多い印象ですね。

メニューはいろいろありますが、まず基本は中華そば680円ですね。
博多のとんこつラーメンのようなこってりした感じってよりは、昔ながらの中華そばを思わせるような味付けが特徴です。

他はチャーシュー麺900円や、たまご入りそば750円といったところが、浅月の人気メニューとなっております。
そして、野菜をしっかり摂りたいといったヘルシー思考を求める方であれば、たっぷり野菜そば800円がおすすめです。

ちなみに浅月はラーメンは量もお好みで選ぶ事ができ、大盛りだと頼んだラーメンにプラス100円でする事ができ、女性などあまり食べない方であれば、頼んだラーメンの値段にマイナス100円で半麺にする事もできます。

あと、サイドメニューではギョーザ6個入り300円や、おでん120円といったところもおすすめです。
どちらも特に男性には人気メニューですね。

ちなみにこの店は11時から20時半までの営業となり、木曜日は定休日となるのでご注意ください。
気になる方は是非、浅月 泉田店を訪れてみてはいかがでしょうか。

新潟県新発田市にある行列ができる大人気ラーメン店、梟

店名:らーめん 梟
住所:新潟県新発田市新栄町1-10-13
電話:0254-26-3737

梟は、新潟県新発田市の住宅街の中にある、大人気ラーメン屋さんです。

最寄りの西新発田駅からは少し距離がありますが、駐車場が完備されているので、車でのアクセスは抜群です。

梟では、味噌や醤油ベースのラーメンを取り扱っています。
スープもこってり、少しこってりなどが選べるので、お好みや気分に合わせて変えられるのも嬉しいポイントです。

個人的なオススメメニューは、醤油ラーメンです。
薄すぎず濃すぎず、煮干のだしの効いたラーメンが、中太のちぢれ麺とよく絡みます。
〆としてライスを頼んでいる方も多く見られました。

また、梟の新メニューとして開発されたラーメンⅡも注目の一品です。
ニンニクがかなりきいているので、食べる前には覚悟していくことをオススメします。

梟は、トッピングの種類も豊富で、野菜増しはもやしがどっさりと乗っていて、食べごたえ抜群です。
器から今にも落ちそうなくらい盛り付けられた野菜は、つい写真を撮りたくなります。

梟は、休日は行列ができる人気ラーメン店となっています。
待たずに食べたい、という方は、開店の11時に来店するのがオススメです。

ラーメン二郎 新宿小滝橋通店は大ボリュームが特徴のラーメン店

店名:ラーメン二郎 新宿小滝橋通店
住所:東京都新宿区西新宿7丁目5-5 1F
電話:03-3371-5010

以前何度か訪れたラーメン店の一つで、強いインパクトが残っているのがラーメン二郎新宿小滝橋通店です。
有名なラーメン二郎系列のお店になっており、極太麺になっているのが大きな特徴です。

麺だけでもかなりのボリュームになっているので、私は訪れた時に小ラーメンを注文しています。
小ラーメンならばそこまで量が多い訳ではないので、スープまでちゃんと飲み干すことができます。

味は見た目とは全然違ったあっさりとした醤油味になっており、とても美味しい味わいになっています。
また野菜がシャキシャキなので、歯ごたえを楽しみながらラーメンを食べられるのも良い部分です。

そんなラーメン二郎新宿小滝橋通店は、スタッフの対応がとても良く、何時も訪れた時に元気な声を聞くことができます。
忙しそうにしているのですが何か問題が起きた時、素早く対応してくれるので対応に満足です。

ラーメン二郎の店内は忙しいのも関係しており、ちょっと汚れている時があります。
その時はスタッフに言うのも面倒なので、自分で軽く清掃したりすることで綺麗な空間にすることができます。

その他にも店内はそこまで広くないので、混雑している時はある程度待たなくてはいけません。

中華そば 広松 大元、岡山市東古松にある中華そばとカツ丼が自慢のラーメン店

店名:中華そば 広松 大元
住所:岡山県岡山市東古松3丁目357-2
電話:086-226-0753

中華そば 広松 大元は岡山市東古松にあるラーメン店です。

広松の店内は4人ほどで切り盛りしており、店の歴史も古く昭和を感じさせるような雰囲気になっており、切り盛りしてる店員も年輩の方が多い店です。
客も平日の昼は仕事の休憩時間を利用して訪れる客で賑わいます。

広松のメニューはいろいろありますが、まず基本は中華そば690円。
昔ながらの中華そばを思わせるような醤油の濃いめの味付けが特徴です。

トッピングを楽しみたい方は玉子入り790円、ギョーザ入り790円、チャーシュー940円、トンカツ入り1020円といったあたりはいかがでしょうか。
特にチャーシューとトンカツ入りはボリューム満点で、ガッツリ食べたい方にはおすすめです。

あとの広松の目玉メニューは特製カツ丼小500円、中750円、大950円といったところです。
デミグラスソースのかかった濃いめの味付けが特徴で、特に大となればボリューム満点です。

そして、ラーメンとカツ丼を両方楽しみたい方であれば、中華カツ丼セット1000円もあるので、是非食べてみてください。
営業時間も11時から22時までと長く、年中無休なのでありがたいですね。

ただし、平日の15時半から16時半の間は休憩時間となるので、広松の来店の時注意してください。
そして、大元だけでなく同じ岡山市の南輝にも店舗があるので、そちらも是非訪れてみてはいかがでしょうか。